MabelAmber / Pixabay

足をピンと伸ばした状態でするオナニーを足ピンオナニー、通称足ピンなどと言います。

男女共に足をピンと伸ばすとより気持ち良くなれるようですね。両足をピンと真っ直ぐ伸ばした状態だとお尻や股関節に力が入りやすくなり、前立腺や性器へ刺激を与えやすくなると言われていますが理由ははっきりとはしていません。

しかしこの体勢に慣れてしまう事で遅漏や膣内射精障害の原因になる事があります。通常のセックスでも同様の刺激を与える為に足をピンと伸ばす事ができる体位は騎乗位ぐらいになるでしょう。私も好きな体位ですが、女性にとって騎乗位は疲れやすい体位なので相手を選びますね。

足ピンオナニーを止める方法

足ピンオナニーを止める方法ですが、オナニー時の体勢を変更しましょう。

足ピンオナニーでは仰向けになって足をピンと伸ばした状態で行いますが、そこから膝を曲げるなどして体勢を変更しつつオナニーをすると良いでしょう。

その後はあぐらをかいたり、椅子に座るなどした状態でオナニーして射精できるようにしましょう。

オナニーの際は実際のセックスに近づける為に、素手で扱くのではなくオナホールを利用するようにしましょう。オススメは以下のセブンティーンボルドーです。

[amazonjs asin=”B007OQ47RA” locale=”JP” title=”セブンティーン ボルドー”]

こういった女性の膣に近い形状のオナホールを使ってイく事ができたら今度はそれを固定させて腰を振ってイけるようにすると良いです。

通常のオナホールを使用した場合うまく固定できずに快適に腰を触れない事もあるので、大型のオナホールやラブドールを使用すると良いでしょう。

[amazonjs asin=”B00P7FJXLK” locale=”JP” title=”どこでもプニまんDX”]

ラブドールで有名なのはラブボディーシリーズでしょうか。

[amazonjs asin=”B002LSJ406″ locale=”JP” title=”LOVE BODY aki (ラブボディー アキ)”]

ホールはついていないので専用のものも一緒に購入しましょう。

[amazonjs asin=”B002PEX43E” locale=”JP” title=”LOVE BODY aki (ラブボディ アキ) 専用ホール Versus”]

正常位やバック等の実際のセックスの体位を試す事ができるので、腰を動かす練習に最適です。

最初のうちはなかなか射精まで達せないかもしれませんが気にせず時間をかけて治していきましょう。