StockSnap / Pixabay

遅漏もしくは膣内射精障害の原因の1つに、間違ったオナニーによるものがあげらます。床オナや足ピン等のオナニーは女性の膣とは違った刺激や、膣圧よりも強力な刺激により射精に達する為、それらに慣れてしまうとセックスでイく事が難しくなります。

遅漏や膣内射精障害で悩んでいる方で上記のような男性器に強い刺激や膣とは違った刺激を与えるオナニーをしている場合、オナニーのやり方を変更し、女性とのセックスに近い感覚に近づけるだけでも改善する見込みがあります。

特にオナホールを使用したオナニーはペニスを膣に入れているような感覚を得られる為オススメです。

[amazonjs asin=”B000V1OPYA” locale=”JP” title=”TENGA ディープスロート・カップSTANDARD【特殊な構造が生み出す、DEEPな吸いつき感】”]

オナホールを使ってオナニー時の刺激を女性の膣に近づける

女性とのセックスに近い感覚、といっても普通にオナニーしようとしても同じような快楽を得る事は難しいです。

ペニスを握る際の握力を弱くしようと思ってもオナニーに集中しているとついつい力が入ってしまったり、皮オナをやめようにも手で亀頭を触ると痛くてオナニーできない、といった事にもなります。

そこでオナホールを使用する事で女性の膣と同じような刺激を得る事ができ、その刺激に慣れる事で遅漏/膣内射精障害を改善し、女性の中でも射精できるようになります。

オススメのオナホール

オナホールには様々な種類があり、何を使うと良いのか迷ってしまいますね。ここでは女性の膣のように刺激が弱く、内部形状もシンプルなものをオススメします。

[amazonjs asin=”B007OQ47RA” locale=”JP” title=”セブンティーン ボルドー”]

このオナホールは上記リンク先にある画像を見てもわかるとおり、中の形状が非常にシンプルになっており、締め付けもゆるいものとなっています。挿入感も女性の膣に似た感じがします。

オナホールを購入の際はローションも一緒に購入しましょう。オナホールを使う際にローションは必須です。一応お試し用のローションが付いていますが、すぐ無くなります。

[amazonjs asin=”B000PUZ5B4″ locale=”JP” title=”ペペローシヨン 360ml”]

以下のページにてオススメのオナホールについて複数種類紹介しています。

遅漏改善のためのおすすめオナホール

刺激の強いオナホールについて

オナホールには様々な種類があり、中には非常に刺激の強いものや、女性の膣とはかけ離れた内部形状をしているようなものも沢山あります。

そういった刺激の強いタイプでも、床オナや足ピンオナニーからの脱却の第一歩として利用するには良いと思います。そういった刺激の強いオナニーをしている場合いきなり弱い刺激に切り替えても全然気持ちよく感じませんからね。

[amazonjs asin=”B00IFTJNLA” locale=”JP” title=”RIDE 【硬弾力螺旋】ヴァージンループハード ヴァージンローション付き”]

このヴァージンループは使っていましたが気持ちよすぎてすぐイってしまいましたね。強い刺激のオナホールでもイけるようになったら弱い刺激のものに段階的に変更すると良いです。

もちろん、最終的には女性の膣のように刺激の弱いオナホールを利用して射精できるように頑張りましょう。

ゴムも使ってみよう

セックスの際にはゴムを使用する事が大半だと思います。なので、オナホールを利用したオナニーでも射精できるようになったら今度はゴムも付けてみましょう。

[amazonjs asin=”B000FQSLE6″ locale=”JP” title=”サガミオリジナル002 12個入り”]

ゴムを付けると気持ち良さは多少減りますが、それに慣れる事で実際のセックスでも射精まで達しやすくなります。

また、オナホールでのオナニー時にゴムを使用すると後片付けが楽という利点もあります。オナホール内に精液を出すと奥まで掃除が大変です。ゴムを使っていればオナホールの中はローションだけなのでとても掃除しやすくなります。

自分が購入しているのは以下のものです。

[amazonjs asin=”B000NZ9M60″ locale=”JP” title=”めちゃうす 1000 1箱12コ入×3パック 【SKYN お試しサンプル付】”]

大量に入っていて一個あたりの単価が非常に安くコストパフォーマンスに優れています。私みたいに毎日のようにオナニーするのであればオススメできます。