windsing / Pixabay

皆さんは「童貞が挿入した瞬間射精してしまった」とか、「挿入前に射精してしまった」なんて話を聞いたことがあるでしょうか?早漏すぎでしょう、と笑えないのが我々遅漏ですね(笑 しかしこれは遅漏/膣内射精障害を治す上での重大なヒントと私は考えています。

なんせ人間興奮しすぎたら男性器に触らずに、もしくはごく短時間触さわるだけでも射精を行う事が可能なんですからね。

なのでセックスを行う前に十分に性欲を高める事も遅漏改善には有効だと私は考えています。

性欲を高めるには主に以下の2つを行うと良いでしょう。

  • オナニーを我慢する
  • 精力アップさせるサプリメントを導入する

実際に私も上記2つの方法を併用する事で性欲及び精力を増強させ、セックスで射精まで達する事もできました。

オナニーを我慢して性欲をアップさせよう

性欲を高めるにはオナニーを我慢する事がお手軽かつとても有効です。

男性方は経験あると思うのですが、連続してオナニーしようとしても二回目はイきにくく感じると思います。基本的には一回目のほうがより興奮しており射精までの時間が短くなる傾向にあります。

その仕組みを利用し、ある程度オナニーを我慢する事で性欲を高めることで、セックスでもイきやすくする事ができます。

これは個人差にもよりますが数日我慢するだけでも、オナニーやセックスをより気持ちよく感じ、イきやすくなります。

我慢する日数は長ければ長い程良いというものでもないので、適当な間隔を空けつつオナニーやセックスを楽しみましょう。

サプリメントを使って勢力をアップさせよう

さらに、オナニーを我慢するとともに性欲をアップさせるサプリメントを導入してみるのも良いでしょう。

例えばマカは精力剤として有名ですね。

[amazonjs asin=”B000FQS29K” locale=”JP” title=”オリヒロ マカ ゴールドマグナム1000″]

私も上記のマカを摂取した事がありますが確かに性欲がよりアップし、射精しやすく感じました。

男の自信は買えます。その秘密はVIASTA(バイアスタ)にあり

こちらは ED 対策にもなるぐらいより強力なものですね。

サプリメントも個人差はあると思いますが、例え性欲があがらなかったとしても人体に有益な栄養素を摂取する事ができるので無駄になることはありません。もちろん過剰摂取には気をつけましょう。

こういったサプリメントを所定の量摂取しつつオナニーを我慢する事でよりセックスでイきやすくなります。