croisy / Pixabay

遅漏/膣内射精障害の原因の1つに通常のセックスでは得られない刺激というものがあります。その刺激は手や道具を利用して男性器に与える直接的な刺激だけでなく、映像や音声による間接的な刺激も含みます。いわゆるオナニー時に利用する「おかず」ですね。

とくに日本のアダルトビデオやエロゲーは非常に多種多様なものが販売されており、どんなにニッチな性癖でもカバーできるようになっています。が、実際のセックスでそういった好みをプレイを行う事は難しい事も多いです。

特に彼女相手に一般的でない変態的なプレイを頼むのは気が引けるという人も多いでしょう。

そこまで変なプレイじゃなくても「騎乗位は嫌い」とか「フェラはヤダ」とか「コスプレ?(ドン引き」とか言われる事もありますし、おっぱいの大きさが物足りない、とかロリコンなのに大人っぽい女性と付き合ったりと、そもそも好みのタイプでない女性とセックスする事もあります。

風俗に行っても嬢によってできるプレイに制限があったりしますからね。

そういった制約もある為、遅漏や膣内射精障害で悩んでいる方はオナニー時に利用しているおかずを今一度見直してみると良いでしょう。普通のセックスに興奮する事で実際にする時にもイきやすくなります。

おかずを探すのであれば DMM が品揃えや無料動画も見れる為オススメです。

アダルト動画

私も以前はロリ系やコスプレ物が大好きでそればっかりで抜いていましたが、ロリでもオタクでもない女性と付き合ってしまい普通のセックスをするのが大変でした。それでも普通体型の女性が裸でセックスしているノーマルな AV もオナニーに取り入れるようにしてからは実際のセックスでも楽しめるようになりました。

素人動画

とくに素人物の女の子はその辺に普通に居そうな感じが良いですね。

また、オナニー時に一切のおかずを用いずに射精まで達する挑戦をしてみるのも良いでしょう。アダルトビデオや画像を閉じ、妄想のみでオナニーをするのです。

妄想のみで射精できるようになれば実際のセックスでも妄想しながら致す事で興奮しイきやすくなるでしょう。相手の女性には悪い気もしますけどね。