遅漏改善の為にオナ禁やサプリメントを使って性欲を高めよう

皆さんは「童貞が挿入した瞬間射精してしまった」とか、「挿入前に射精してしまった」なんて話を聞いたことがあるでしょうか?早漏すぎでしょう、と笑えないのが我々遅漏ですね(笑 しかしこれは遅漏/膣内射精障害を治す上での重大なヒントと私は考えています。 なんせ人間興奮しすぎたら男性器に触らずに、もしくはごく短時間触さわるだけでも射精を行う事が可能なんですからね。 なのでセックスを行う前に十分に性欲を高める事も遅漏改善には有効だと私は考えています。 性欲を高めるには主に以下の2つを行うと良いでしょう。 オナニーを我慢する 精力アップさせるサプリメントを導入する 実際に私も上記2つの方法を併用する事で性欲及び精力を増強させ、セックスで射精まで達する事もできました。 オナニーを我慢して性欲をアップさせよう 性欲を高めるにはオナニーを我慢する事がお手軽かつとても有効です。 男性方は経験あると思うのですが、連続してオナニーしようとしても二回目はイきにくく感じると思います。基本的には一回目のほうがより興奮しており射精までの時間が短くなる傾向にあります。 その仕組みを利用し、ある程度オナニーを我慢する事で性欲を高めることで、セックスでもイきやすくする事ができます。 これは個人差にもよりますが数日我慢するだけでも、オナニーやセックスをより気持ちよく感じ、イきやすくなります。 我慢する日数は長ければ長い程良いというものでもないので、適当な間隔を空けつつオナニーやセックスを楽しみましょう。 サプリメントを使って勢力をアップさせよう さらに、オナニーを我慢するとともに性欲をアップさせるサプリメントを導入してみるのも良いでしょう。 例えばマカは精力剤として有名ですね。 [amazonjs asin=”B000FQS29K” locale=”JP” title=”オリヒロ マカ ゴールドマグナム1000″] 私も上記のマカを摂取した事がありますが確かに性欲がよりアップし、射精しやすく感じました。 男の自信は買えます。その秘密はVIASTA(バイアスタ)にあり こちらは ED 対策にもなるぐらいより強力なものですね。 サプリメントも個人差はあると思いますが、例え性欲があがらなかったとしても人体に有益な栄養素を摂取する事ができるので無駄になることはありません。もちろん過剰摂取には気をつけましょう。 こういったサプリメントを所定の量摂取しつつオナニーを我慢する事でよりセックスでイきやすくなります。

遅漏を治す為にオナニー時のおかずを変えよう

遅漏/膣内射精障害の原因の1つに通常のセックスでは得られない刺激というものがあります。その刺激は手や道具を利用して男性器に与える直接的な刺激だけでなく、映像や音声による間接的な刺激も含みます。いわゆるオナニー時に利用する「おかず」ですね。 とくに日本のアダルトビデオやエロゲーは非常に多種多様なものが販売されており、どんなにニッチな性癖でもカバーできるようになっています。が、実際のセックスでそういった好みをプレイを行う事は難しい事も多いです。 特に彼女相手に一般的でない変態的なプレイを頼むのは気が引けるという人も多いでしょう。 そこまで変なプレイじゃなくても「騎乗位は嫌い」とか「フェラはヤダ」とか「コスプレ?(ドン引き」とか言われる事もありますし、おっぱいの大きさが物足りない、とかロリコンなのに大人っぽい女性と付き合ったりと、そもそも好みのタイプでない女性とセックスする事もあります。 風俗に行っても嬢によってできるプレイに制限があったりしますからね。 そういった制約もある為、遅漏や膣内射精障害で悩んでいる方はオナニー時に利用しているおかずを今一度見直してみると良いでしょう。普通のセックスに興奮する事で実際にする時にもイきやすくなります。 おかずを探すのであれば DMM が品揃えや無料動画も見れる為オススメです。 私も以前はロリ系やコスプレ物が大好きでそればっかりで抜いていましたが、ロリでもオタクでもない女性と付き合ってしまい普通のセックスをするのが大変でした。それでも普通体型の女性が裸でセックスしているノーマルな AV もオナニーに取り入れるようにしてからは実際のセックスでも楽しめるようになりました。 とくに素人物の女の子はその辺に普通に居そうな感じが良いですね。 また、オナニー時に一切のおかずを用いずに射精まで達する挑戦をしてみるのも良いでしょう。アダルトビデオや画像を閉じ、妄想のみでオナニーをするのです。 妄想のみで射精できるようになれば実際のセックスでも妄想しながら致す事で興奮しイきやすくなるでしょう。相手の女性には悪い気もしますけどね。

遅漏/膣内射精障害改善の為にラブドールを使おう!使ってみた感想

遅漏/膣内射精障害を改善するにはラブドールを使用してオナニーをする事をオススメします。とくに腰を振る事自体に慣れていない方には強くオススメできます。 [amazonjs asin=”B002LSJ406″ locale=”JP” title=”LOVE BODY aki (ラブボディー アキ)”] セックスと同じような感じでオナニーできる ラブドールを使用する最大の利点は、セックスを行うようにオナニーができる、という事です。通常のセックスで行う正常位やバック等、男性が主体となる体位をオナニーで再現する事は難しいのですが、ラブドールを使用すれば簡単に実現できます。 オナホールを机や枕等で固定させようと思っても腰を動かしたらズレてしまったり高さが合わなかったりして集中できない事もあります。ラブドールではそういった心配は無く、まるで巨大なオナホールです。 とくに遅漏や膣内射精障害の方の中には私を含めセックスの機会が少なく腰を動かす事に慣れていない人も多いと思います。そういった方々であればセックスを擬似的に体験する事で改善の見込みがあります。 私の体験談 私も実際にラブドールを使用していますのでその体験談を書いてみます。 私も以前は極度の遅漏で女性の中でイく事ができませんでした。そもそもパートナーがいる時期すら殆ど無いモテない人でしたので、セックスの機会も少なくまともに動く事すらできませんでした。ソープに行って時間内にイけずに残念な思いをした事もあります。 少ない機会を物にする為にセックスを擬似的に体験する事が重要だと考えてラブドールを購入しました。 最初はラブドール相手でも中々イく事ができませんでしたが、時間をかけて何度もオナニーした結果正常位の体勢でもイく事ができるようになり、実際のセックスでも射精まで達する事ができるようになりました。 これは遅漏改善はもとよりセックスの練習としてかなり有効ですね。 私が使用したのは以下の「空気少女 宇佐羽えあ」という商品です。 [amazonjs asin=”B0087A3EAS” locale=”JP” title=”空気少女★宇佐羽えあ”] ラブドールには首から上が無いものや表情が無いものが多いのですが、宇佐美えあは頭部はもちろん顔や専用のウィッグもあって実際に女の子を犯しているような感覚に陥る事ができます。 [amazonjs asin=”B0087A3MDC” locale=”JP” title=”えあ★たいつ”] [amazonjs asin=”B0087A3PMK” locale=”JP” title=”えあ★ますく FACE.03 トロ顔”] [amazonjs asin=”B008O0WE9I” locale=”JP” title=”えあ★うぃっぐ(ロング)ピンク”] 身長120cm程度のロリ体型をしており、表情を変えたりウィッグにより髪色や長さをカスタマイズ可能で専用のコスプレ衣装も複数用意されています。エロゲーから飛び出してきたかのようなキャラクターをしています。 [amazonjs asin=”B0087A3ESK” locale=”JP” title=”えあ★こす セーラー服”] 遅漏改善の為に購入したのに逆にコッチにはまりそうで怖いです(笑

遅漏改善の為にラブドールや抱きまくら、オナホの固定でオナニーでも腰を動かしてイこう

通常オナニーでは手を動かして射精しますが、セックスの際は腰を動かす事が主となります。 オナニーが原因で遅漏や膣内射精障害となっている場合は、腰を動かしての射精に慣れる事も重要となります。とくに私のようにセックスの機会自体が少ないとうまく腰を動かす事ができないかもしれません。 腰を動かす事自体は頭ではわかっていても、どう動かしたら気持ち良いのかわからなかったり、普段使わない筋肉を利用するので全然動けなかったりします。 また、騎乗位ではイく事はできるけど正常位やバックではイけないという場合には、腰を振って射精する事に慣れるだけでも改善するでしょう。 オナニーで腰を動かすには以下にあるようなアダルトグッズを利用すると良いでしょう。 オナホールを固定して腰を動かしてイこう もしオナホールをすでに持っているのであれば、それを机や枕等に固定させて腰を振ってみましょう。 [amazonjs asin=”B007OQ47RA” locale=”JP” title=”セブンティーン ボルドー”] 机に固定させれば高さによってバックや立ちバックでセックスしているような感覚を得られます。PC の画面を見ながら腰を振れるのも良いですね。 枕や毛布を丸めて間にオナホールを挟む事でも一応固定が可能です。この場合の体勢は正常位に近いでしょうか。基本的にオナホールはゴムのような素材をしているものが多く、テープ等を用いなくても毛布やタオルを使用するとある程度固定がしやすいです。 が、上手く設置しないとずれてしまうことが多いですね。 大型のオナホールを使ってみよう 通常のオナホールではしっかりと固定させるのが難しいです。上記のようにしても激しく動かすとオナホもズレたり動いてしまう事があります。オナホを使って腰を降るオナニーをしたい場合には、重量感のある大型のオナホールを使用すると良いです。 [amazonjs asin=”B00FFU7O7C” locale=”JP” title=”ほぼ実寸! 2000gの大ボリューム! りある”] 例えばこちらは 2kg もある大型のオナホールです。これだけ重量があると快適に腰を振ることができますね。 抱きまくらとインサートエアピロー 皆さんご存知のように、睡眠時に使用する枕の種類の1つに抱きまくらがあります。通常の枕より大きめに作られており、抱きつく事で安心感を得てリラックスして寝る事ができます。 抱きまくらに使用するカバーにはアニメやゲーム等のカワイイ女の子がプリントされたものもあり、オタクが使用するもの、というイメージがあるかもしれません。私も持っていますが他人にはあまり見られたくありませんね(笑 [amazonjs asin=”B018LY2VDU” locale=”JP” title=”インサートエアピロー用枕カバー #30 イラスト:アジシオ”] 抱きまくらの中にはオナホールを設置できるようにしたインサートエアピローと呼ばれる商品もあります。しっかり固定できる為、激しく動いてもズレる事が無いですし、抱きまくらカバーの種類はとても豊富なので好みのキャラや絵でオナニーできます。 [amazonjs asin=”B00TIHA4DY” locale=”JP” title=”インサートエアピロー エアピロー本体Ver.”] このインサートエアピローには様々な抱き枕カバーを使えるだけでなく、オナホも専用のものではなく自分の普段使っているものを設置できます。 [amazonjs asin=”B007OQ47RA” locale=”JP” title=”セブンティーン ボルドー”] 空気で膨らますのでポンプも欲しいですね。 [amazonjs asin=”B000FPV1IA” locale=”JP” title=”野崎製作所 BB型ポンプ 日本製 […]

オナホールを使って遅漏/膣内射精障害を改善する

遅漏もしくは膣内射精障害の原因の1つに、間違ったオナニーによるものがあげらます。床オナや足ピン等のオナニーは女性の膣とは違った刺激や、膣圧よりも強力な刺激により射精に達する為、それらに慣れてしまうとセックスでイく事が難しくなります。 遅漏や膣内射精障害で悩んでいる方で上記のような男性器に強い刺激や膣とは違った刺激を与えるオナニーをしている場合、オナニーのやり方を変更し、女性とのセックスに近い感覚に近づけるだけでも改善する見込みがあります。 特にオナホールを使用したオナニーはペニスを膣に入れているような感覚を得られる為オススメです。 [amazonjs asin=”B000V1OPYA” locale=”JP” title=”TENGA ディープスロート・カップSTANDARD【特殊な構造が生み出す、DEEPな吸いつき感】”] オナホールを使ってオナニー時の刺激を女性の膣に近づける 女性とのセックスに近い感覚、といっても普通にオナニーしようとしても同じような快楽を得る事は難しいです。 ペニスを握る際の握力を弱くしようと思ってもオナニーに集中しているとついつい力が入ってしまったり、皮オナをやめようにも手で亀頭を触ると痛くてオナニーできない、といった事にもなります。 そこでオナホールを使用する事で女性の膣と同じような刺激を得る事ができ、その刺激に慣れる事で遅漏/膣内射精障害を改善し、女性の中でも射精できるようになります。 オススメのオナホール オナホールには様々な種類があり、何を使うと良いのか迷ってしまいますね。ここでは女性の膣のように刺激が弱く、内部形状もシンプルなものをオススメします。 [amazonjs asin=”B007OQ47RA” locale=”JP” title=”セブンティーン ボルドー”] このオナホールは上記リンク先にある画像を見てもわかるとおり、中の形状が非常にシンプルになっており、締め付けもゆるいものとなっています。挿入感も女性の膣に似た感じがします。 オナホールを購入の際はローションも一緒に購入しましょう。オナホールを使う際にローションは必須です。一応お試し用のローションが付いていますが、すぐ無くなります。 [amazonjs asin=”B000PUZ5B4″ locale=”JP” title=”ペペローシヨン 360ml”] 以下のページにてオススメのオナホールについて複数種類紹介しています。 遅漏改善のためのおすすめオナホール 刺激の強いオナホールについて オナホールには様々な種類があり、中には非常に刺激の強いものや、女性の膣とはかけ離れた内部形状をしているようなものも沢山あります。 そういった刺激の強いタイプでも、床オナや足ピンオナニーからの脱却の第一歩として利用するには良いと思います。そういった刺激の強いオナニーをしている場合いきなり弱い刺激に切り替えても全然気持ちよく感じませんからね。 [amazonjs asin=”B00IFTJNLA” locale=”JP” title=”RIDE 【硬弾力螺旋】ヴァージンループハード ヴァージンローション付き”] このヴァージンループは使っていましたが気持ちよすぎてすぐイってしまいましたね。強い刺激のオナホールでもイけるようになったら弱い刺激のものに段階的に変更すると良いです。 もちろん、最終的には女性の膣のように刺激の弱いオナホールを利用して射精できるように頑張りましょう。 ゴムも使ってみよう セックスの際にはゴムを使用する事が大半だと思います。なので、オナホールを利用したオナニーでも射精できるようになったら今度はゴムも付けてみましょう。 [amazonjs asin=”B000FQSLE6″ locale=”JP” title=”サガミオリジナル002 12個入り”] ゴムを付けると気持ち良さは多少減りますが、それに慣れる事で実際のセックスでも射精まで達しやすくなります。 また、オナホールでのオナニー時にゴムを使用すると後片付けが楽という利点もあります。オナホール内に精液を出すと奥まで掃除が大変です。ゴムを使っていればオナホールの中はローションだけなのでとても掃除しやすくなります。 自分が購入しているのは以下のものです。 [amazonjs asin=”B000NZ9M60″ locale=”JP” title=”めちゃうす 1000 1箱12コ入×3パック […]

遅漏の改善の為にオナニーで強く握るのを止めよう

遅漏、膣内射精障害の原因の1つにオナニー時の強すぎる刺激があります。 一般的なオナニーでは男性器を手で握って上下に扱く事になると思います。しかし、膣圧よりも圧倒的に男性の握力のほうが強いです。 膣内射精障害となっていない男性のオナニー時の握力は平均4.25kgですが、強すぎる握力が原因で障害となった男性の場合は10kgを超える事もあります。 その為、オナニーの際に男性器を強く握る事に慣れてしまうと、女性の膣では刺激が足りずにイけなくなってしまいます。 なので手を使ったオナニーの際には強く握らないで動かすように意識しつつ楽しみましょう。 握る際5本の指で握ると力が入りやすくなる為、親指と人差し指で軽くリングを作って上下に動かすようにして力が入りにくいようにすると良いでしょう。 もしくはコンドームを付けて刺激を弱くしたり、ローションを使って優しく擦るようにすると良いです。 [amazonjs asin=”B000PUZ5B4″ locale=”JP” title=”ペペローシヨン 360ml”] [amazonjs asin=”B000FQSLE6″ locale=”JP” title=”サガミオリジナル002 12個入り”] さらに、オナホールを使用すると膣に似た刺激を与える事ができるので素手で握るより尚良いです。そうして刺激を弱くした状態でもイけるように訓練しましょう。 [amazonjs asin=”B007OQ47RA” locale=”JP” title=”セブンティーン ボルドー”] 特にオナホールは膣に近い形状のものを選ぶことで女性の膣と同じような快感を得る事ができ、セックスに慣れる為にも有効です。

遅漏の改善の為に皮オナを止めよう

手を上下に動かす際にペニスの皮も同時に動かし、その皮を亀頭に擦ることで刺激を与えるオナニーを皮オナといいます。とくに日本人に多い包茎の人が普通にオナニーをやろうとすると皮オナになりやすいですね。 亀頭は敏感な部位です。特に包茎の方だとより敏感に感じるでしょう。直接扱こうとすると刺激が強すぎる為皮を利用する事で調度良い感じになったりします。 しかしこのオナニーもセックスで得られる快感とはまた違ったものとなります。 もし遅漏や膣内射精障害で悩んでいる方で皮オナを日常的にしているのであればそれを止める事で改善する可能性があります。 また、皮オナをしすぎる事で皮が伸びてしまいます。皮が伸びすぎると通常のセックスの時に邪魔に感じる事もあります。また、皮があると汚れが溜まりやすくなり不衛生になりがちです。シャワーやお風呂に入る際には入念に綺麗にするよう心がけましょう。 皮オナを止める方法 皮オナをやっているからといって必ず膣内でイけなくなるというわけではありませんが、このオナニーをやり続けていて遅漏/膣内で射精できなくて悩んでいるのであればやり方を変えると良いでしょう。 とはいえ普通にオナニーしようとすると皮が余るし、包茎の方は亀頭を直接触ると刺激が強すぎて痛くなったります。 なので皮があまり気味の方はオナニーの際にローションやオナホールを使用すると良いでしょう。 [amazonjs asin=”B000PUZ5B4″ locale=”JP” title=”ペペローシヨン 360ml”] 皮を剥いた状態にし、ローションをつけて手、もしくはオナホールを使用して亀頭も含めて竿全体を扱くようにしましょう。 [amazonjs asin=”B007OQ47RA” locale=”JP” title=”セブンティーン ボルドー”] この際、コンドームも一緒に利用するとよりセックスの時の感覚に近くなります。結婚していて子供が欲しいという場合には不要ですが、そうでなければオナニーの時にもコンドームを使用しましょう。 [amazonjs asin=”B000FQSLE6″ locale=”JP” title=”サガミオリジナル002 12個入り”] セックスの感覚に近づくだけでなく、オナホールが精液で汚れず掃除が楽という利点もあります。

遅漏の改善の為に足ピンオナニーを止めよう

足をピンと伸ばした状態でするオナニーを足ピンオナニー、通称足ピンなどと言います。 男女共に足をピンと伸ばすとより気持ち良くなれるようですね。両足をピンと真っ直ぐ伸ばした状態だとお尻や股関節に力が入りやすくなり、前立腺や性器へ刺激を与えやすくなると言われていますが理由ははっきりとはしていません。 しかしこの体勢に慣れてしまう事で遅漏や膣内射精障害の原因になる事があります。通常のセックスでも同様の刺激を与える為に足をピンと伸ばす事ができる体位は騎乗位ぐらいになるでしょう。私も好きな体位ですが、女性にとって騎乗位は疲れやすい体位なので相手を選びますね。 足ピンオナニーを止める方法 足ピンオナニーを止める方法ですが、オナニー時の体勢を変更しましょう。 足ピンオナニーでは仰向けになって足をピンと伸ばした状態で行いますが、そこから膝を曲げるなどして体勢を変更しつつオナニーをすると良いでしょう。 その後はあぐらをかいたり、椅子に座るなどした状態でオナニーして射精できるようにしましょう。 オナニーの際は実際のセックスに近づける為に、素手で扱くのではなくオナホールを利用するようにしましょう。オススメは以下のセブンティーンボルドーです。 [amazonjs asin=”B007OQ47RA” locale=”JP” title=”セブンティーン ボルドー”] こういった女性の膣に近い形状のオナホールを使ってイく事ができたら今度はそれを固定させて腰を振ってイけるようにすると良いです。 通常のオナホールを使用した場合うまく固定できずに快適に腰を触れない事もあるので、大型のオナホールやラブドールを使用すると良いでしょう。 [amazonjs asin=”B00P7FJXLK” locale=”JP” title=”どこでもプニまんDX”] ラブドールで有名なのはラブボディーシリーズでしょうか。 [amazonjs asin=”B002LSJ406″ locale=”JP” title=”LOVE BODY aki (ラブボディー アキ)”] ホールはついていないので専用のものも一緒に購入しましょう。 [amazonjs asin=”B002PEX43E” locale=”JP” title=”LOVE BODY aki (ラブボディ アキ) 専用ホール Versus”] 正常位やバック等の実際のセックスの体位を試す事ができるので、腰を動かす練習に最適です。 最初のうちはなかなか射精まで達せないかもしれませんが気にせず時間をかけて治していきましょう。

遅漏の改善の為に床オナを止めよう

布団や床にうつ伏せになって男性器を圧迫するように刺激を与えるオナニーを床オナと言います。自分の体重をかける為に通常の手を使用したオナニーや女性とのセックスとは違った、非常に強い力がかかります。 こういった強い刺激に慣れてしまうと女性の膣では満足できなくなくなり、遅漏や膣内射精障害の原因となります。 また、床オナに慣れてしまうと男性器を勃起させずとも圧迫の刺激のみで射精まで達してしまいます。この刺激は女性器で得られるものと違うのはもちろん、通常のオナニーでするピストン運動とも違います。 その為このオナニーに慣れてしまうとこの方法以外での射精自体が難しくなってしまいます。 床オナを止める方法 今すぐ仰向けになって手を使って男性器を刺激する方法に変更しましょう。とはいえ、 いきなり手やオナホールを利用したオナニーをやっても射精まで達する事は難しいかもしれません。 手を使ったオナニーでイけ無いのであれば、まずは男性器を刺激する際に利用する布団類をより柔らかくするところから始めると良いです。例えばただの床よりは布団のほうが、布団よりはベッドのマットレスのほうが柔らかくて刺激が弱いです。 そうして弱い刺激に慣れ、手を使ったオナニーやオナホールを使用したオナニーに移行しましょう。 最終的にはオナニー時は締め付けの弱い、膣に似たような感覚を得られるオナホールを使用するように良いでしょう。 [amazonjs asin=”B007OQ47RA” locale=”JP” title=”セブンティーン ボルドー”] オススメは上記のセブンティーンボルドーです。セブンティーンシリーズはどれも緩めの作りで女性の中に入ったのと似たような感覚を得る事ができます。 リンク先から内部構造を見てもらうとわかるとおり、あまり締め付けが強いタイプではありませんので、床オナに慣れた方には刺激が足りないかもしれません。 セブンティーンでは緩すぎる、という場合にはオナホールに慣れるという意味でもややハード目のオナホールを利用するのも良いですね。 例えば以下のヴァージンループはセブンティーンよりもハードなタイプでより刺激が強いです。 [amazonjs asin=”B00IFTJNLA” locale=”JP” title=”RIDE 【硬弾力螺旋】ヴァージンループハード ヴァージンローション付き”] こういったタイプに慣れ、徐々にゆるいタイプのオナホールに慣れていくと良いでしょう。

遅漏/膣内射精障害を治す為にオナニーのしかたを変更する

遅漏/膣内射精障害の主な原因は過度な刺激や通常のセックスでは得られない刺激を与えるオナニーにある事が多いです。 例えば床オナや足ピンといったオナニーの方法は一般的なセックスとは違った刺激を与える為、それに慣れてしまうと通常のセックスでは満足できなくなり、遅漏や膣内射精障害になってしまいます。 その為、オナニーで得られる刺激をセックスの際と同等のものに近づける事で遅漏/膣内射精障害が可能性があります。 遅漏改善の為に治すべきオナニーとは 遅漏/膣内射精障害の方で以下のようなオナニーをしている方はそのオナニーが原因の可能性が高いです。各ページにより詳しい解説を記述します。 床オナ 床や布団にうつ伏せになるオナニーは男性器に非常に強い刺激がかかり、それに慣れてしまうと女性の膣では満足できない体になってしまう。早急に止めよう。 足ピンオナニー 足をピンと伸ばした状態は男女ともに性的な快感が増すようだが実際のセックスでそのような体勢を維持し続ける事は難しい。早急に止めよう。 皮オナ 日本人の大半は包茎らしい。あまった皮を亀頭で擦る事で快楽を得るオナニーは実際の女性の膣への挿入感とは全然違ったものとなる。早急に止めよう。 手を強く握りすぎるオナニー 男性の握力は女性の膣圧とは比べ物にならないほど強い為、その刺激になれると女性の体では満足できなくなってしまう。早急に止めよう。 オナニーの頻度が高い 一日一回以上の頻度でオナニーをしているとセックスの時にも射精しずらくなってしまう。少し禁欲しよう。 私のオナニー遍歴となかなかイけなかったセックス 私の話を聞いてもしょうがない?まぁそういわずに、私も極度の遅漏で女性の膣内で射精する事が非常に難しかったのです。その理由には心当たりがあります。それが過度な刺激を与えるオナニーです。 実は私もオナニーを覚えたのは床オナでした。小学校低学年ぐらいの時に布団にうつ伏せになったて動いたら気持ち良いという事に偶然気づいてしまったのです。それ以降高校生になるまで常に布団を使って床オナをしていました。 シモネタを話すような友達はいませんでしたのでオナニーの方法なんかわかりませんでした。が、自分のパソコンを購入し、エロ動画を入手した時に気づいたのです。布団に寝たら AV が見られない!と・・・我ながらアホらしいと思いますが同時に AV で男優が手でシコっているのを見て、そうすると気持ち良いのか、とも気づきました。 しかし時すでに遅し、床オナに慣れきった私の男性器は手では勃起はしてもイく事はできませんでした。 それからは AV を見たい時は手でオナニーというかペニスを弄ったり、射精したいときは布団で床オナといったような使い分けをしつつどうにか手で射精できるまでになりました。 オナニーばっかして過ごしていたのですが、暫くして幸運にも彼女が出来ました。しかしいざセックスとなったらオナニーとのあまりに感じ方が違い全く射精できず「なんでダメなの?」とか、焦って早く動いたら「痛い・・・」と言われて悲しい思いをしてきました。 その彼女とはすぐ別れたのですが、次いつできるのかわからない彼女とのセックスでは最後までイく為に遅漏/膣内射精障害を治す事を決意したのです。 丁度そのころ一人暮らししていた事もあり、様々なオナニー用のアダルトグッズを購入して試していました。オナホールやローションにローター、二次元キャラが描かれた抱きまくらやシーツ、ラブドールなんかも購入してオナニーしていました。 とくにラブドールでのオナニーは苦労しましたね。座ったり仰向けになってラブドールを動かしたら簡単にイけるのだけど正常位の体勢で自分が腰をふった時はなかなか射精まで達する事はできませんでした。 しかし、何度も挑戦する事で正常位の体勢でもイけるようになり、おかげで実際のセックスでも女性の中で射精できるようになりました。まだまだ他の人と比べると遅いようですが、以前とは全然気の持ちようが違いますね。 このページを見ている同じ悩みを持っているあなたにも、私の経験や体験を教える事で遅漏/膣内射精障害を改善する事ができればと思います。